【体験談】個人事業主・フリーランスの経費節約作戦

【体験談】個人事業主・フリーランスの経費節約作戦

個人事業主、会社経営、フリーランス、みんなの職種はこれ

個人事業主やフリーランスになったり法人化すると、会社員時代には考えもしなかったことに気を遣わないといけなくなります。経費もそのひとつですね。

自分で事業を始めた方は、1円まで経費が気になり可能な限り無駄遣いしたくないですよね。

そこで、個人事業主やフリーランスの方々に取り組んでいる経費節約作戦を聞いてみました。みなんさん、いろいろ工夫されています。

まず、答えてくださった方の職種は以下のようになりました。兼業していて複数回答の人もいます。

ほんとうに多種多様ですね。時代かネット関連のフリーランスさんが多いです。

ユーチューバーさんが2人もいたのが衝撃ですね。

みんながやってる経費節約のための取り組み

実際に行っている経費節約策は、仕事内容によっていろいろでした。

職種によってかかる経費も変わるので、それぞれネックになっている項目を重点的に節約できないか工夫されているようです。

内訳は以下のとおりです。

この中には、まだ取り入れてなかった経費削減策であなたの仕事でも活用できるものがあるかもしれませんね。

これからやってみたい経費節減策

オーナーは、経費削減に関していつもアンテナを張っている人が多いですね。いろいろ具体的な「やってみたい経費節減策」が出てきました。

内訳は以下のとおりです。

仕事で車を使う人は「カーシェアリング」への注目度が高いですね。普及すれば、もっと使いやすくなるでしょう。車体価格も併せると車の維持費は高額なので、救世主のような制度です。

「経理の勉強」というのが上位にあって面白いですね。経理に関わる数字に強くなると、無駄遣いや節税対策など、どう対応したらよいか見えてきます。

高額な売上を維持している人ほど、建設的な節約に取り組んでおられる印象を受けました。非常に深いところまで考えて行動しておられます。アンケートにも真剣に答えてくださいました。

これから独立する人に経費面でアドバイス

みなさんにフリーランスになるためのアドバイスを聞きました。さすがに自力で頑張っている人の意見は重いものが多いです。凄く参考になりますよ。

代表的なものをご紹介します。これから独立する方は参考にしてください。

経理の知識をつけよう
☑「経理の知識があれば『ここにお金をかけよう』とか『ここは節約しておかないと』という考えが出てきます」(30代/女性)
☑「私の場合、確定申告も税理士さんに全てを任せているので、経費の概要を把握していません。ですから、経費節約について試行錯誤することがとても難しいのです」(40代/女性)
☑「最初の3年、5年、この辺までを自分の資産を会社に貸し付けられる上限とし、細かい帳面を付けながら真摯に取り組む人が10年後に生き残っている経営者でしょう」(30代/男性)
経費を抑えて投資に回そう
☑「経費にかかるお金はなるべく抑えて、本来経費に消える筈だったお金を仕入れや運営に使えたら、それだけ業績は伸びるはずです」(40代/女性)
☑「今までマイナスの効果しか作れなかった経費もプラスの収益に貢献できる可能性があります。それによって、より事業を増やすことも可能になったりもします」(20代/男性)
☑「自分の報酬はどれぐらいになるか把握して『出すとこは出す。締めるところは締める』というメリハリをつける必要があります」(30代/女性)
小さく産んで大きく育てる
☑「借金ではなくできれば自腹で出したほうがいいと思う。そうすればたとえ失敗したとしても借金は残らないし、再出発も比較的やりやすい」(30代/男性)
☑「お金をかけずにできちゃうことを知ってほしいです。商品が素敵でお店の雰囲気が良ければ、お客様はきっと気に入って下さるはずです」(30代/女性)
☑「できるだけ自分でやることが節約になります。最初から売上がたくさんあって忙しいという方は別ですが、最初はなかなか売上が上がらないものです」(50代/男性)
人脈を大切にしよう
☑「先にフリーランスになった先輩の話はとても勉強になります。私もいろいろ教えて頂きました」(40代/女性)
☑「まず先輩の声をたくさん聞くのが良いと思います。それぞれ条件が違いますから、それが自分に合うかどうかはわかりませんが、聞いておけばいざという時に必ず約にたつでしょう」(40代/男性)
☑「企業のやり方や主婦の方の財テクにも幅広く目を向けていければ新しい発見が出来るかもしれません」(20代/女性)

「個人事業主・フリーランスの経費節約作戦」アンケート一覧

アンケートの回答一覧です。実体験からのご意見ですので、読んでるだけでも勉強になりますよ。参考にどうぞ。