ETCカードの作り方 | 個人事業主や新規法人もOK

法人ETCカードの作り方

個人事業主や法人化したばかりの会社はクレジットカードが作りにくいですよね。信用がないので、1~3期ぐらい順調に運営しないと信販系の申し込みはスンナリいかないことが多いです。

独立する前に個人でクレジットカードを作っていたとしても、そのカードはビジネス用途に使えません。ほとんどのカード会社の規約に「商用利用NG」と書いてあります。

「まっ、いっか」で個人用カードを使っていると、購入パターンからバレて強制解約になることもあるみたいですよ。

つまり「新しく事業を起こしたら、新しく法人クレジットカードを作りなさい」ということになります。

で、本題ですが、クレジットカードが作りにくい個人事業主や新規法人の場合はどうやってETCカードを作ればいいのでしょうか?

大丈夫です。心配いりません。個人事業主でも作りやすいクレジットカードや、クレジットカード機能がないETC専用カードを作ればいいのです。

では、具体的に作り方をみていきましょう。

クレジットカード付帯のETCカードの作り方

クレジットカードは個人や法人の「信用」がないと作れませんが、カード会社やクレジットカードの種類によってどれぐらいの「信用」が必要か変わってきます。

中には、個人事業主や新規法人でも比較的作りやすいクレジットカードがあるので、開業して間もない人はそういうカードを狙って申し込みましょう。

たとえば、以下のカードは個人事業主や新規法人でもよく活用されています。

個人事業主や新規法人がよく使っているクレジットカード
» 楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカード
楽天プレミアムカードに楽天ビジネスカードを付帯させることができます。プレミアムカードは個人用、ビジネスカードは事業用と使い分けできます。楽天ポイントが貯まるのが嬉しいですね。
» アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
「個人事業主や新規法人ならアメックス・ビジネス・ゴールド」と言えるぐらい代表的なビジネスカードです。「福利厚生プログラム」や「ビジネス情報調査代行サービス」に年会費無料で入れます。
» セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
発行元がセゾンなので「永久不滅ポイント」や「セゾンマイルクラブ」など独自サービスが受けられます。プラチナクラスなので「コンシェルジュサービス」や「プライオリティパス」も付きます。

ビジネス用クレジットカードの作り方は、個人用とほとんど同じです。支払用預金口座が法人格の場合は「商業登記簿謄本」や「法人印の印鑑証明」などが必要になります。

クレジットカード発行会社によって多少違いがありますが、だいたい以下のような流れになります。

クレジットカード付帯のETCカードの作り方
1. ネットでクレジットカードとETCカードの申し込みを行う
2. 申込用紙が届いたら記入と捺印をして、必要書類を添えて返送する
3. 審査に通過したらクレジットカードとETCカードが発行される
4. 車載器のセットアップとETCマイレージ登録をしておく
5. ETCカードが届いたら利用開始

法人用クレジットカードを作れると、いろいろお得なことが多いです。

経費の支払いに使え、従業員にも発行しておくと立替清算の手間も軽減されます。支払い履歴はデータ化されますので、会計ソフトとの相性がよければ入力作業も激減します。

クレジットカード機能がないETC専用カードの作り方

上で紹介したクレジットカードは個人事業主や新規法人で作りやすいカードですが、それでも与信審査の結果落ちることもあります。

そんな事業主の方は「売上を安定させて見返してやる!」ぐらいの気持ちで、クレジットカード機能が無いETC専用カードを申し込みましょう。

法人用のETCカードと言えば、以下のようなものがあります。

高速情報協同組合のETCカード
» 法人ETCカード【マイレージなし】
一番オーソドックスな法人ETCカードです。マイレージが必要なければ、毎月のランニングコストが安いのでおすすめです。
» 法人ETCカードブラック【マイレージなし】
法人ETCカードは口座引き落としが5日ですが、ブラックカードは8日になります。ごと日の引き落としを避けたい方はコレ!
» 法人ETCカード【マイレージあり】
マイレージがたまり値引きに使えます。通勤時間帯の通行料割引はこのカードのみの特典です。手数料が8%になります。

高速情報協同組合は、個人事業主でも作れる「法人ETCカード」や大口用の「ETCコーポレートカード」を取り扱い、沖縄を除く46都道府県で事業をしています。

クレジットカード機能が無いので申し込みの手間も少なく、高速情報協同組合がETCマイレージサービスの登録や管理も代行してくれます。

マイレージサービスに加盟すると、郊外を中心に高速道路の通勤時間帯割引(50%還元)が使えるので無駄な経費を削減できます。

高速情報協同組合法人ETCカードの作り方
1. インターネットの申し込みページに必要事項を記入して申し込み
2. 「ETCカード/法人会員カード使用申込書」が送られてくる
3. 申込書と添付書類を返送し、出資金(1万円:退会時戻ってくる)を入金
4. 10日ほどでETCカードが送られてくる

こちらがやるべきことは「ネットから申込」と「必要書類を集め」と「書類に記入および捺印して返送する」ことです。カンタンですね。

車移動が多い事業主さんは、是非活用してみてください。かなりの経費を節約できます。