個人事業主OK!ETCカード | 法人ETCカードで経費節約

経費を節約したい個人事業主のための法人ETCカード

個人事業主や新会社でも作れるETCカードをまとめました。高速道路の通行料を現金で払うよりはるかに販管費を節約できます。

車移動が多いフリーランスさんや、現場へ行く経費をかけたくない職人さんの役に立つETCカードです。

法人ETCカード【マイレージなし】

毎月のランニングコストが安いのでおすすめ

審査なしETCカード

割引率 休日・深夜30%
通勤割引なし
出資金 10,000円/1社
(脱退時返金)
発行手数料 500円/1枚
取扱手数料 500円/年1回
月額手数料 毎月の走行金額の5%
  • 一番オーソドックスな法人ETCカードです。マイレージが必要なければ、毎月のランニングコストが安いのでおすすめです。
審査なしETC公式サイトを見る

法人ETCカードブラック【マイレージなし】

ごと日の引き落としを避けたい方はコレ!

審査なしETCカード

割引率 休日・深夜30%
通勤割引なし
出資金 10,000円/1社
(脱退時返金)
発行手数料 500円/1枚
取扱手数料 500円/年1回
月額手数料 毎月の走行金額の5%
  • 法人ETCカードは口座引き落としが5日ですが、ブラックカードは8日になります。ごと日の引き落としを避けたい方はコレ!
審査なしETC公式サイトを見る

法人ETCカード【マイレージあり】

通勤時間帯の通行料割引があるのはこのカードだけ!

審査なしETCカード

割引率 休日・深夜30%
通勤最大50%
出資金 10,000円/1社
(脱退時返金)
発行手数料 500円/1枚
取扱手数料 500円/年1回
月額手数料 毎月の走行金額の8%
  • マイレージがたまり値引きに使えます。通勤時間帯の通行料割引はこのカードのみの特典です。手数料が8%になります。
審査なしETC公式サイトを見る

法人ETCカードを使わないことで年間数十万円余分な経費がかかることも

参考事例です。通勤時にETC割引を活用していない場合、年間で23万6千円余分な経費がかかってしまいます。

京都の町家専門工務店にお勤めの大工さんの場合
お住まい:南丹市園部町(最寄IC:八木西)
お仕事先:京都市内の現場(最寄IC:長岡京)
走行距離:29.8km(八木西~長岡京)
通常料金:1,080円
割引料金:540円(翌月に50%還元されます

上の例の大工さんは、ETC平日朝夕割引を使わないと20日の出勤で往復43,200円交通費がかかります。

それが、法人ETCカード(マイレージあり)を使うことで、翌月に50%が還元されます。毎月21,600円の交通費節減になります。

還元というのは、毎月1日から末日までの割引相当額を翌月の決められた日に戻してもらえるということです。

ETC平日朝夕割引(マイレージあり限定)
適用:入口または出口の料金所を平日6時~9時または17時~20時の間に通過
割引:1ヶ月の走行回数が10回以上で50%還元
※ 割引対象となるのは1回の走行で最大100km相当分まで
※ 大都市近郊区間で一部割引対象外や個別の割引を適用している場合あり

割引があるとは言え、出資金とか手数料とかあるので実際どれぐらい効果があるのか心配ですよね。

それでは、上の例の大工さんが開業後に法人ETCカード(マイレージあり)を2枚発行して1年後に退会した場合を考えて見ましょう。

1年間だけ入会した場合の経費削減額
出資金:10,000円
カード発行手数料:540円×2枚=1,080円(税込)
取り扱い手数料:540円×2枚=1,080円(税込)
割引額:-21,600円×12ヶ月=-259,200円
手数料:1,728円(走行金額の8%)×12ヶ月=20,736円
退会時返金:-10,000円
合計:-236,304円

上の例の大工さんの場合、ETC平日朝夕割引を使って通勤しないと1年間で23万6千円も余分な経費がかかることになります。

» 法人ETCカード(マイレージあり)公式ページへ

法人ETCカードの作り方

法人ETCカードの作り方はカンタン4ステップです。

①インターネットの申し込みページに必要事項を記入して申し込み
②「ETCカード/法人会員カード使用申込書」が送られてくる
③申込書と添付書類を返送し、出資金(1万円:退会時戻ってくる)を入金
[添付書類]
法人:商業登記簿謄本(写し可)
個人事業者:所得税確定申告書(写し可)
車検証の写し(レンタカーなどで使う場合は不要)
ETC車載器セットアップ証明書の写し(未搭載の場合は不要)
④10日ほどでETCカードが送られてくる

こちらがやるべきことは、ネットで申し込みと、必要書類を集めることと、書類に記入および捺印して返送することです。カンタンですね。

» 個人事業主でも作れるクレジットカード付帯ETCカードの作り方はこちら

通勤でETCを使いたい人はマイレージ付きがおすすめ!

どのカードも加入には高速情報共協同組合の承諾が必要ですが、クレジットカード機能が付いていないので、年商・年収に関係なく審査してもらいやすいです。

通勤時間帯の(平日朝6時~9時、夕17時~20時)のETC割引がマイレージ付きのカードしかありません。通勤時間帯に高速道路を走行する可能性がある方はマイレージ付きがおすすめです。

» 法人ETCカード(マイレージあり)

「マイレージ」とは、通行料金のお支払額に応じてポイントが貯まり、ETCによる高速道路の通行料支払いに利用できるサービスです。

» マイレージサービス概要

個人事業主OKの法人ETCカードは移動が多いフリーランスや職人におすすめ

車の移動が多いフリーランスさんや職人さん、士業の方は仕事をして始めてお金をもらえますよね。何もできない移動時間を少しでも減らしたいところです。

しかし、顧客や現場あっての仕事なので、なかなか思うように移動を減らせません。

どうせ移動するなら、その経費を減らすことができないだろうか?そんなときはETCカードです。でも、ネックは審査ですよね。

収入が安定しない個人事業主は、クレジットカードやETCカードの審査になかなか通りません。しかたなしに高速道路の通行料を現金で払ってしまいます。

そんなときはクレジットカード機能が付いてない法人ETCカードがおすすめです。クレジットカードや消費者金融のような審査がなく、運営組合の承諾のみで加入できます。

収入を増やして経費を減らす。うまく事業をしていくうえで大切なことですね。

» 個人事業主の経費節約作戦!独立開業したての人でも作れるETCカードの需要

クレジットカード機能が付いていない法人ETCカードのメリット

①個人事業主やフリーランサーでも作りやすい
クレジットカードのような審査がなく運営組合の承諾のみで加入できます。10日ほどでカードができます。
②レンタカーや従業員の車でも利用可能
名義以外の人や車でも利用可能で、スタッフや従業員に貸してもカードで買い物をされる心配がありません。
③万が一、失くしたり盗難にあっても被害は最小限
拾った人や泥棒にかってにキャッシングされたり買い物されたりする心配がありません。

法人ETCカードを発行している高速情報協同組合とは

個人事業主でも作れる「法人ETCカード」や大口用の「ETCコーポレートカード」を取り扱い、沖縄を除く46都道府県で事業をしています。

ETCマイレージサービスの登録や管理を代行してくれます。(マイレージ付き法人ETCカード)

設立 平成5年3月
認可省庁 内閣総理大臣・法務大臣・文部科学大臣・厚生労働大臣
九州厚生局・九州農政局・九州経済産業局・九州運輸局・九州地方整備局・九州地方環境事務所
福岡財務支局・福岡国税局
事業地区 全国46都道府県(沖縄県を除く)
所在地 〒802-0038
福岡県北九州市小倉北区神幸町9-1

独立開業をした人が高速情報協同組合法人ETCカードに申し込む理由

高速情報協同組合のETCカードは走行金額の5%~8%の手数料がかかります。それでも、多数の個人事業主やフリーランスの方から申し込みを受けています。

クレジットカード付帯ETCカードであれば年会費無料のものもあるのに、どうして手数料がかかる高速情報協同組合のETCカードに申し込むのでしょうか?

一番大きな理由は「独立開業したて」にというところにあります。

一般的に独立開業してから5年以内の会社倒産・解散率が非常に高いと言われ、信販会社はこの期間の新会社に対してのクレジットカード発行に慎重です。

その点、高速情報協同組合のETCカードであればクレジットカード機能が無いので信販会社の審査が必要なく組合の承認制となっています。

また、従業員の車でも利用でき、車載器がなくても料金所の係員に手渡しで使えます。

万が一の紛失に対しても、クレジットカード機能がないので悪用されるリスクも低いです。

ETCカードが無ければ通行料割引が受けられず正規の代金を払わないといけないので、たとえ手数料を払ってでも高速情報協同組合のETCカードを利用する価値が高いということです。

原則審査の無い「ETCパーソナルカード」

原則審査なしのETCカードに「ETCパーソナルカード」というのがあります。

これは、高速道路6会社が協同で発行するETCカードです。クレジットカードを持っていなくても保証金(デポジット)を預託することで有料道路のETC走行が可能になります。

申し込み後に保証金を預託して、それを担保としたうえで走行料金を預金口座や貯金口座から1ヶ月単位で引き落として使います。

保証金は前払い金ではないので通行料金に充当できませんが、解約したときに手続きすると戻ってきます。

ただし、この保証金額が結構高くて、最低でも4万円かかります。その点、高速情報協同組合の「法人ETCカード」なら、預託金に代わる「出資金」が1万円なので入りやすいです。

戻ってくるとはいえ、個人事業主が4万円以上出費するのはけっこうつらいものがあります。

ETC高速道路通行料の領収証は発行してもらえるの?

高速情報協同組合のETCカードであれば、毎月高速道路利用料金の請求書が届きます。通交料金の内訳も確認できるので、使用状況を把握しやすいです。

引き落としも自動にできるので、払い忘れの心配がありません。

個人事業主は日ごろの収支記録を怠り確定申告前に慌てることがありますが、毎月まとまった請求明細書がくるのはありがたいですね。

ちなみに、高速道路各社はETCの利用照会サービスを提供していて、インターネットで利用証明書や走行明細書をプリントアウトすることができます。

照会サービスは登録型と非登録型があり、登録型の方が長期間過去の利用を照会することができます。また、出力できる証明書も登録型の方が多いです。

残念ながらETCコーポレートカードは登録できません。ETCクレジットカードとETCパーソナルカードのみ登録可能です。

» ETC利用照会サービス

即日発行してもらえる法人ETCカードってある?

残念ながら、個人事業主やフリーランスが即日でETCカード発行して受け取れるサービスはありません。

クレジットカード付帯のETCカードは審査があるため日数がかかるます。

「ETCパーソナルカード」や高速情報協同組合の「法人ETCカード」であればクレジットカードのような個人信用の審査がないので比較的早く受け取れます。

それでも、手続きや組合の承認が必要であるため、発行までは10日前後かかりるようです。ETCカードは早めに準備しておきましょう。

クレジットカード付帯のETCカードを申し込む場合

すでに持っているクレジットカードにETCカードを追加する場合もカンタンです。カード会社に「ETCカードを追加して欲しい」と連絡するだけで手続きを進めてくれます。

ただし、再度あなたの信用に関して審査になる場合もありますので、これから独立する人は退職する前に申し込みしましょう。

クレジットカードから作る場合は必ず審査があります。お勤め先や年収、勤続年数がものをいいます。

結構年齢がいってから独立される場合、「今まで一度もクレジットカードで買い物をしたことがないし、ローンも組んだことがない」という人は気をつけましょう。

なんだか「優秀」なように聞こえますが、そこそこの年齢になっているのに業界が持っている与信情報にまったく履歴がないと、かえってクレジットカード審査が通りにくくなることもあります。

職人さんや個人事業主は法人ETCカードで経費を節約できる

独立したての個人事業主さんは、できるだけ経費を削りたいですよね。

車を所持するとけっこう経費がかかるます。ガソリン代、保険、自動車税、車本体…。ざっと計算すると、年間50万円ぐらいかかる場合もあります。

車を持たずにカーシェアリングやレンタカーにすれば結構経費が浮くのですが、職人さんのように絶対に車が要るお仕事もあります。

そういう場合は、車体をリースで買ったり、ETCを使って現場へ向かうと節税効果や経費節減効果があります。

個人事業主やフリーランサーの先輩に「経費節約作戦」についてアンケートを実施しました。参考にどうぞ。

» 【体験談】個人事業主・フリーランスの経費節約作戦

独立したて個人事業主でも作りやすい法人ETCカードって?

独立したては資金繰りに困ったり生活費が足りなくなることもあります。そのことを考えるとクレジットカードが欲しいところです。

クレジットカードがあればそのカード会社でETCカードが作れるうえ、キャッシングリボもでくるので万が一のお守り代わりになります。

しかし、クレジットカードは審査がありますので、独立したてでは通らないでしょう。クレジットカードを作るなら退職前です。

もう、すでに独立したあとでしたら、クレジット機能が付いていないETCカードなら審査もなく作りやすいです。

ブラックリスト入りの人でも作れる無審査法人ETCカードはあるか?

ブラックリストに載っている個人事業主やフリーランスは、まずクレジットカード付帯のETCカードは無理でしょう。与信審査が通りません。

あとは保証金やデポジット(預託金)を預けることで、それを担保に作れるETCカードだけです。これなら原則無審査です。

東京スター銀行はデビットカードが作れます。預金を保証金代わりにデビットカードにETCカード機能を付けられたらいいのですが、残念ながらできません。

現状では、最低4万円以上の保証金を入れて「ETCパーソナルカード」に申し込む方法が、ブラックでもETCカードを作るれる可能性が高いです。